o(´^`)o
| PR | EN | CO | TR | CA | AR | LI | RE | OT |
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 - -
真実

Seikaですo(´^`)o



何度も書こうと試みたんですが、気持ちを整理することができずブログを書けずにいました。葬儀が終わり少しづつですが、もう勇さんはいないのか…って実際に感じれるようになってきました。

自分の中ではこれは夢のようで、ひょっこり勇さんが出てくるんじゃないかって気持ちになります。何でこんな素敵な人が死なないといけないのか…今でも受け止めることができません…。でも伝えるべき事は伝えたいので話せることからみんなに伝えていこうと思います。


勇さんと初めて出会ったのはまだ僕が高校生の時でした。その時は僕は勇さんのファンで雀羅のライブに通ってました。打ち上げにも出たりしてね。そのあとドラムに誘われて雀羅に加入しました。僕はバンド人生の中で一番長い時間一緒にいたのが勇さんでした。リズム隊ってこともあって二人での時間も一番長かったなって思います。勇さんの音楽人生で一番多くの時間共有した身として多くの事を沢山みんなに伝えたいと思います。こんな素敵な人がいたんだぞって。勇さんと苦楽を共にした五年間は僕にとっても今の音楽人生の礎になっています。


僕が雀羅に加入した理由は勇さんと一緒に音楽をしたかったからです。元々ファンだったからね。勇さんは知らないかもしれないけど、当時雀羅各メンバー二人で居る時に何で雀羅に入ったの?って聞いたら勇さんがいるから雀羅に入るのを決意したって神結さんは言ってました。明透遊さんも勇ちゃんがいるから俺は雀羅をやってるって言ってました。僕たちは雀羅を家族同然に思ってるから気持ちは一つでした。みんな一人一人が勇さんを必要としていました。勇さんにこの事伝えてあげたいです。勇さんは一人じゃない。いつでも傍に仲間がいる。


僕が事故で右足が動かなくなって雀羅を止めようとした事がありました。「僕はもうドラム叩けないしみんなに迷惑をかけてしまうから雀羅を辞める」と勇さんに話した時、「ドラムなんて叩けなくてもいい、下手でもいい、僕がせいか君に合わせるから僕はせいか君とやりたい」と言ってくれました。その時の自分にとって本当に救われた言葉でした。僕は一番その事が心に残っています。そのあとからのライブでは前よりも振り返って僕の方を見てくれましたね。アイコンタクトする時にいつもニコって笑って僕を安心させてくれましたね。一度諦めた夢をまた見させてくれたのは勇さんです。勇さんは誰よりも仲間思いで、心優しい人でした。僕の体験した真実を伝える事で、みんなの知らない勇さんを少しでも知ってもらいたいです。


ROCK AND READ の勇さんのインタビューを読んで頂ければどれだけ雀羅を大切にしていたかわかります。雀羅解散後、疎遠になっていたメンバーと葬儀で再会しました。勇さんがみんなの気持ちをまた一つにしてくれたんだなって僕は思っています。勇さんの実家の部屋、机には雀羅のポスター、写真、ファンの子が書いてくれた似顔絵が沢山貼ってありました。お父さん、お母さんが勇は一番雀羅を大切に思ってましたって伝えくれたんですけど、勇さんの部屋に入った時にそれを本当に強く感じました。ファンの子に対しても凄く大切に思っていたんだなってわかります。勇さんの仲間、ファンの事を思う気持ちは昔から誰よりも強いんです。一番下の弟さんに「せいかさんですか?」って葬儀の時に声をかけられました。「せいかさんの事、雀羅のこと本当にいつも大切に思ってました。最高の仲間って言ってました。ありがとうございました。」って…。感謝するのは僕の方です…。ROCK AND READで勇さんは一番下の弟さんの事を言ってましたが、最後に音楽で仲直りできたんだなって…。でもこんなのって悲し過ぎます…。


葬儀の時にも勇さんの顔を拝見させて頂いたのですが、本当に綺麗な顔でした。ただ眠ってるだけなんじゃないかって錯覚に陥るくらいとても綺麗で安らかな顔で眠っていました。最後は沢山の花に囲まれて雀羅の衣装と一緒でした。あと沢山の雀羅の写真に囲まれていました。僕が見たこともない写真とかもあって、僕と二人の写真や僕が雀羅加入直後の写真とかも沢山ありました。本当に大切に持っていてくれたんだなって…涙が溢れました。


いつも勇さん僕のブログ読んでくれてたから、天国から読んでもらえるように勇さんに伝えます。


雀羅再結成はもうできないけど、いつの日か僕がそっちにいった時には、ずっと一緒にやろーって話してた雀羅を再結成しよーね。僕は今でも最強のリズム隊だったって思ってるよ。勇さんの想いは僕が伝えていくから。だから見守ってて下さい。雀羅メンバーみんな心は一つですからね。勇さんいっぱいいっぱいありがとう。勇さんは僕にとって永遠の憧れであって仲間であって家族です。今度会った時はまた他愛もない話しましょう。また会う日まで。





最後に…勇さんと生前ずっと約束してた事がありました。みんなにも話したいのですが、これは実現した時にまた話したいと思います。


ではまた(・ω・)ノ

20:20 仲間 -
スポンサーサイト
20:20 - -

管理者ページ